28章

短い章
お中 実は武家男子・忠之丞
お玉 梅里の妹 いづれ婿をとり梅里の店を継ぎ 梅里は楽隠居したい。

お熊の家に匿われているお中、梅里さんが病気のため預けられているお玉
つまり2人はお熊の家の居候

2人2Fでの会話

お熊の家の2F お中(左)お玉(右)


詞書:「お玉忠之丞奇縁をむすぶ」
忠之丞の手にある本は表紙の体裁から人情本とおぼしく、1編3冊あて貸本屋から借り出したものと見ていい

29

お玉はお中に惹かれている。

先殿の愛妾との色おh々を、お中は何もなかったとお玉に説明
お玉が信じない
ここでのやりとり・・・いろいろ・・・

玉「ホホホホホ それだっても、アレ
忠「身ぶるひするほど私をお嫌ひのかえ
玉「イイエふるへるほど嬉しうございますは
忠「急度左様かへ
玉「アレサ、マアお待被成(おまちなさい)ヨ 実にお前さんの心はかはりませんネ
忠「しれた事

春告鳥29回’

(解説には”あぶな絵風“の関節描写とあります。)
この会話のあと、軒端の風鈴が二人の久ひざ元に落ちる
そして、お玉のべっ甲のかんざしが折れる
江戸時代 16歳同士の恋の始まり

キャーーーーーー
3人のおばちゃんたち大騒ぎ(勉強会メンバー3人)
一人で読んでいたら、サラッと読み進んでいたかもしれません。
楽しいわ~勉強会(笑)



◆◇◆記事を読んだご感想をお聞かせください◆◇◆
  • 素晴らしい (0)
  • 役に立った (0)
  • いいね (1)
  • マダム好き (0)
  • つまんない (0)

コメントを残す