コロナでドラマなどの撮影が遅れ、HHKでも朝ドラ「エール」大河「麒麟が来る」の撮影が出来ずに一時休止となるらしい。
テレビはほとんどが再放送か、リモートの出演になっている。
面白くない〜〜〜

政治の世界ではコロナ騒ぎの中 昨日、検察庁法改正案が強行採決されようとしていた。
ツイッターでは大騒ぎになっていて 午後の国会中継が話題になっていた。
それでもテレビのニュースでの扱いはあまりなく コロナの緊急事態宣言が解除されたことについての報道が多かった。

法曹界 弁護士 検察官OBからも反対意見が持ち上がっている。

マスコミはニュースで強行採決が阻止されたことをちょっぴり報道しただけ
本当に知りたいことは伝えてもらえなかった。

【Choose life Project】の番組をYou Tubeで見ました。

今後テレビやラジオ新聞では発言できないようなことも、You Tube番組で発信されるようになると思う。
You Tubeの番組では、原稿を読むだけでは出演することはできないであろう
自分の考えを整理してちゃんと発言できる人物でないとつまらない、バックつまりCM提供や政治側に忖度しなくてもすむ発言が可能になってくると思う。

もちろん インターネットにありがちな、自分の好みの情報に偏るというデメリットもある。

しかし、今後主流マスコミ テレビ・ラジオ・新聞などの存在が脅かされることになるのではないか?

国会中継 法務大臣は、原稿を丁寧に読み上げていた。
緊急事態宣言のための、総理会見は原稿を読み上げ、質問者は事前に抽選 質問事項は事前に提出されている。

我が家のアレクサはYou Tubeを見せてくれます

マスメディアも変化していくのでしょう
今後も、政治発言をする著名人が多くなってくると思う
コロナで家で自粛生活をしている国民は、じっと今の政権を見守っているのであります。



◆◇◆記事を読んだご感想をお聞かせください◆◇◆
  • 素晴らしい (0)
  • 役に立った (0)
  • いいね (0)
  • マダム好き (0)
  • つまんない (0)

コメントを残す