三遊亭円朝の傑作『怪談 牡丹燈籠』は、明治25年(1892)に三世河竹新七の脚色により歌舞伎座で上演され、空前の大当たりとなりました。以来、人気演目として今日に至っていますが、シネマ歌舞伎にもなった中国の昆劇『牡丹亭』もその下敷きとなったと言われています。今回上映致しますのは、平成19年10月の歌舞伎座公演の舞台映像で、台本は、昭和49年(1974)年に大西信行氏が文学座のために書き下ろしたものです。言葉は口語に近く、人物像もより深く掘り下げられた、笑いどころも満載の、現代版『怪談 牡丹灯籠』になっています。

伴蔵とお峰は、18年ぶりに仁左衛門と玉三郎が演じ、息の合った絶妙な夫婦のやりとりを見せています。そこに、萩原新三郎(愛之助)とお露(七之助)、宮野辺源次郎(錦之助)とお国(吉弥)の二組の男女の物語が重なり、幽霊よりも怖い人間の業の世界が展開してゆきます。カラン、コロンという下駄の音を響かせ牡丹燈籠を手に現れる、お露とお米(吉之丞)の二人の幽霊の怖さとおかしみも見どころです。また、この大西本は、原作者である円朝が舞台にも登場して高座で『牡丹燈籠』を「噺す」という趣向をとっており、こちらも三津五郎の力演によりたっぷりお楽しみいただけます。


『怪談 牡丹燈籠』作品紹介

*伴蔵(仁左衛門)とお峰(玉三郎) *萩原新三郎(愛之助)とお露(七之助)*宮野辺源次郎(錦之助)とお国(吉弥)三組の男女の物語 に原作者 円朝が高座にあがる。分かりやすく楽しめました。

伴蔵(仁左衛門)とお峰(玉三郎) 玉三郎のハスッパな町女房役、コミカルな演技素晴らしい・・・花魁でもない、阿古屋でもない玉三郎デス。
今大河ドラマ『太平記』を録画で見ているのですが、仁左衛門当時は片岡孝夫が後醍醐天皇役を演じている。江戸長屋の住人の仁左衛門もカッコいい。お二人の息のあった夫婦 言葉の掛け合い 芸ですワ

高座にあがる 円朝役の三津五郎 馬子久蔵/船頭 3役でしたが、久蔵が、お峰の口車に乗せられて、伴蔵の遊びの数々を久蔵が話してしまう。見事な演技。

もうもう随所に笑あり、怖さあり、涙ありの月一歌舞伎でございました。
今回は、インタビューや楽屋裏などの映像は全く無し、舞台のみの映像でした。



◆◇◆記事を読んだご感想をお聞かせください◆◇◆
  • 素晴らしい (0)
  • 役に立った (0)
  • いいね (1)
  • マダム好き (0)
  • つまんない (0)

コメントを残す