『牡丹燈籠』月一歌舞伎

三遊亭円朝の傑作『怪談 牡丹燈籠』は、明治25年(1892)に三世河竹新七の脚色により歌舞伎座で上演され、空前の大当たりとなりました。以来、人気演目として今日に至っていますが、シネマ歌舞伎にもなった中国の昆劇『牡丹亭』も …

リモート勉強会 課題『浮世風呂』

勉強会次の課題【浮世風呂】デス 【春告鳥】為永春水は各々テキストを購入したのですが、出版年数まで、揃えなかったので、注が違ったり、ページが違ったり… 今回は版を合わせました。 お一人の方が待っていたので、それに合わせて『 …

『春告鳥』為永春水 五編 巻之十五30章(最終回)

online勉強会「春告鳥」最終章 9月14日13:00~いよいよ最終回でございます。 【春告鳥】 30章 病気全快の梅里さん、お熊の家で皆さんで酒盛り皆とは梅里・お熊・お玉・お中・途中で座敷から帰って来たお花 ニコニコ …

鈴木晴信 きめ出し 空摺

The UKIYO-E 2020-日本三大浮世絵コレクション 東京都美術館 でちょっと気になった作品 鈴木晴信 鷺娘  綺麗な雪景色の中たたずむ娘綿帽子がやたら ポッテリ 膨らんでいる。実物見ないと、良くわからないと思い …

『春告鳥』為永春水 五編 巻之十四28章巻之十五29回

28章 短い章お中 実は武家男子・忠之丞お玉 梅里の妹 いづれ婿をとり梅里の店を継ぎ 梅里は楽隠居したい。 お熊の家に匿われているお中、梅里さんが病気のため預けられているお玉つまり2人はお熊の家の居候 2人2Fでの会話 …

『春告鳥』為永春水五編巻之第十三.26章 27章

26章 25章でやっと鳥雅さんとお花が合うことができた。場面はガラッと変わって 春心院とお浜のお話 春心院は24章に出てくる。お熊のところ梅里が連れてきた、女装の忠之丞良い仲となったと思われてしまった先代の殿の愛妾・千鳥 …

幕末太陽傳

お友達のキネマっ子さん ご推薦の 【幕末太陽傳】アマゾンプライムビデオでみました。 面白いっ! 落語の『居残り佐平次』『品川心中』『三枚起請』『お見立て』をあわせて、幕末・高杉晋作 イギリス公使館焼き討ちをからめてフラン …

『春告鳥』為永春水四編巻之第十二.24章 五編序 巻之十三25章

春告鳥 段々と終わりに近づいてきました。先週は私の都合で1回お休みさせていただきました。8/18 13:00~ Online zoom40分×4回音読から始まりました。 24章 23章終わりで、世間では利発で賢い女性で通 …

[8/9(日)開催]オンラインイベント 「和書からさぐる!お江戸のサイエンスとライブラリ

登壇者:入口 敦志氏(国文学研究資料館 教授)粂 汐里氏(国文学研究資料館 特任助教・人文知コミュニケーター)福井 智一(日本科学未来館 科学コミュニケーター) いや〜〜〜楽しかった今後もこんなイベントがあったら、是非参 …

『春告鳥』為永春水四編巻之十一第22章巻之第十二.23章

8/4(火) 13:00〜 Online『春告鳥』為永春水勉強会音読開始 22章 やっと鳥雅さんメインの場面放蕩のすえに上方に追いやられた鳥雅さん、上方の家を逃げ出して江戸に帰ってきた、しかしまだ、本家に許しをえているわ …