野中兼山

何度も挫折しかかりつつ 読了

家老としての野中兼山の仕事ぶりが描かれている。
ただし 小説とはいえ、文中に 口語引用文 それに対する解説 資料 諸説ありの諸説 作者がなぜ諸説の中のその節をとるのか? 文中の人物の出自の説明 余談ではあるが・・・ 付け加えると・・・

と本筋を忘れるほどの、様々なエトセトラが挟み込まれていて 途中から本筋を優先することに・・・www
出自などは、へーーーつながっていると思うだけに留めることにした。
私の知識の中では、これが精一杯

  

  

谷時中 野中兼山 山崎闇斎
と 博覧強記のなかの表で覚えた江戸初期の儒学者たち 野中兼山は土佐藩家老であったのにそこは、私にとってはあまり重要視されていなかった。

儒学者というとり 土佐藩家老としての仕事は膨大 寝食を忘れ仕事に打ち込む

自分が正しいと思う道を突き進む

そして 兼山失脚後、男子係累が死に絶えるまで、一族が幽囚される。

恐ろしいほどの憎しみ・・・

内容については膨大すぎて、書こうにもかけない 非力なマダムでございます。

 

4歳で幽囚された 兼山の娘”婉(えん)”を描く【婉という女】

婉という女
正妻
日陰の姉妹

【婉という女】
婉 野中婉
土佐藩主山内家の家老として、藩政の刷新に辣腕をはふるった野中兼山の娘の一人
辣腕のあまり政敵も多く、失脚し失意のうちに死去。その後の野中一族は、40年間 男子が絶えるまで土佐国西端、宿毛に幽閉される。
婉は当時4歳
40数歳になって赦免され 自由を初めて知る
山崎闇斎の弟子でもある儒者 谷丹三郎(泰山)が、幽閉された地に訪れる
野中兼山の子女を忘れていなかった嬉しさ
学問を学ぶ
作家大原富枝の描き方なのか?曖昧ではっきりしない、当時の資料もはっきりしていないのだが
何だかなーって感じ
【正妻】
野中兼山の正妻 お市
兼山とは従兄弟にあたる
儒学の虜になった兼山は儒学のおしえから、血族の婚姻はならずと、市を本山の本宅に母とともに移した。
が「正妻」のなかでは、ずっと一緒の館にいたように描かれている
【日陰の姉妹】
兼山の娘
寛(かん)婉(えん)将(しょう)
寛と将は、隠居した土佐藩士に嫁ぐ
40過ぎて隠居者に嫁ぎ、妊娠
男子が生まれたらの不安
野中兼山への、ここまでの仕打ち
兼山本人は、科を受けていない
40年間男子が絶えるまで幽閉されるという酷い事態が、物語をつくる。
どれだけ、恐れられたかだ!



◆◇◆記事を読んだご感想をお聞かせください◆◇◆
  • 素晴らしい (3)
  • 役に立った (1)
  • いいね (2)
  • マダム好き (1)
  • つまんない (0)

野中兼山」への3件のフィードバック

  1. マダムさま
    「婉という女」は読んだので、そして面白かったので
    こっちも読まないといけないかなあと思います。
    小説、とうたってある方が気楽に読めますよね。
    野中兼山という人は、やり手なだけに
    随分敵も多かった人なのでしょう?
    カルロス・ゴーン的な??

    1. それがですね 小説と言ってますが、かなり史実に忠実に描かれています。
      諸説まで紹介され、こんな理由で自分はコッチの説をとる等々・・・
      気楽に読めるとは言い切れないデス
      覚悟が必要デスw
      才のある人はそれだけ敵も多い、現代では敵をも味方につける術を身に着けていないと、パワハラ・セクハラでやられまっすwww

      1. あー、ムズ系かあ。
        廃仏毀釈買っちゃったので、
        ちょっと考えます。
        実はわたくし、
        「夜明け前」を青山クンが村を出る前に飽きちゃって
        何度も挫折しとります。
        そういう人には無理かもー

コメントを残す