音声入力と脳

『食事ハック』の中で音声入力についての記述がありました。

色々試してみたけれど、 iPhone その他の音声入力は結構笑える変換が多い。

Google のドキュメントの音声入力はかなり精巧にできています。

 

PC(Mac)でGoogleドキュメントを立ち上げ音声入力にし、PCでラジコを立ち上げて、試してみたら、あとで少しの修正を加えるだけでよいようなくらいに入力されたwww

このブログの下書きも音声入力で行ってみました。

 

断捨離をして本の整理も随分しのだけれど『食事ハック』を買ってしまった。

本を整理しているのに本を買ってしまう・・・w

江戸検の勉強で博覧強記をテキストに起こした時のように

『食事 ハック』 すべてテキストに起こしてみた。画像もスキャンしました。

音声入力とキーボード 入力は半々。

『食事ハック』の電子書籍の完成デス。

読み上げもしてくれるので、入力後の確認もできちゃいます。

最初はキーボードの方がはやいジャンと思っていたけれど、かなり早く読んでもしっかり入力出来ます。

 

iPhone の Google ドキュメントでも試したのですが、パソコンの方が全然優秀

調べてみるとどうも、マックは、より優秀らしい。

 

そこで気がついたのが、物を考えて音声に変換するのとキーボードに変換するのと

脳の使い方が違うみたい・・・

先日「浅草歌舞伎街歩き」のツアーのガイド試験を受けたが、私は人に声を出して説明するのが苦手、思うことの半分ぐらいしか説明できない。おつとめの頃のプレゼンも苦手でした。

つまり考えて音声にするのが苦手らしい、キーボードだとすらすら打てる。

言語音声入力を活用していきたいと思う。

考えて音声にする脳の訓練〜

 

運転があまり好きではないので、必要に迫られてしか運転しない。運転も同様で注意するべき箇所が普通の生活と異なる。使う脳が違うらしい、一層注意して運転する。

運転はしたくないのだけれども、これもボケないために良いのかもしれないと思いまっす。



◆◇◆記事を読んだご感想をお聞かせください◆◇◆
  • 素晴らしい (1)
  • 役に立った (2)
  • いいね (1)
  • マダム好き (1)
  • つまんない (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です