『春告鳥』為永春水二編巻之五.10章 巻之六.11章

第十章 九章からの続き鳥雅の弟子 旗士の友吉と芸者・仲次の痴話喧嘩仲間の誘いを断って友吉は仲次の機嫌をとる。会話形式で二人イチャイチャ音読するもの恥ずかしくなる(笑) 良い具合に 浄瑠璃がきこえてくるのは、今で言う挿入音 …