ウオーキング 紅葉を探しに行きました。

土日はお寝坊します。

午後から、母のデイサービス契約がある。

江戸検12期会の自分史を出版なさっているメンバーから、会報が送られてきた。
彼女の文章が「七福神めぐり二題」として載っている。
コロナ禍で江戸散歩ができず、読書ばかりしていたとの、お手紙が入っていた。
自分の文章を冊子にすることは、素晴らしいと思う。

昨今、ブログやSNSで発信することは容易な時代
その中で、印刷物にするのはパワーがいる。

日比谷の講座で江戸の出版物の話を聞いた。和本は明治20年になり全て洋装本になった。
和本を作る作業は、様々な技術を伴っている。
和本の場合、本に注釈があればあるほど貴重になる。洋装本では、本に書き込みがあれば価値は失われる。

出版物はデジタル化が進んでいる。現在は過渡期にある。
私はどうもデジタル書物に、まだ慣れることができない。

ネットで発信する、出版物で発信する、技術も手間も全く違う

私よりもずっとお姉さまから、パワーの詰まった貴重な出版物をいただいた 多謝



◆◇◆記事を読んだご感想をお聞かせください◆◇◆
  • 素晴らしい (0)
  • 役に立った (0)
  • いいね (0)
  • マダム好き (0)
  • つまんない (0)

コメントを残す