『春告鳥』為永春水三編巻之七.13.14章

三編13章 深川しんちと呼ばれる茶屋 2組の男女の会話 音次郎30歳ほどお雪18歳くらい・・・二人はお雪が切れるといっても、会っている銀八のことで揉めている。 音次郎はどうも職人の風体べらんめえ調でまくしたてる、途切れの …