江戸絵画の文雅

大好きな金曜エアロが先生の転居でなくなってしまい、難民と化しています。

青山に遠征に行こうか???と思いつつ

友人ご推薦の 出光美術館「江戸絵画の文雅」に行ってきました。

ぶんが【文雅】

1.詩や歌をよむ風流の道
2.みやびやかなこと。風流なこと。また、そのさま。「ーの士」「ーな趣味」

与謝蕪村 池大雅 琳派尾形光琳 俵屋宗達 ボリュームたっぷりの見ごたえある展覧会でございました。

いつも、家に帰ってからリストをみて、図録を買っておけばよかったと思うので、今回は忘れずに購入いたしました。

蕪村、大河、応挙やらが出てくる小説をもう一度読もうと思ったのですが、題名が思い出せない。

読書記録を見ても出てこない・・・ 何だったんだろうか???

美術館ロビーに皇居が見えるベンチがあり、お茶のサービスがあります。

 

お天気が良く 嬉しいお茶でございました。(外にでると強風で寒かった)

 

12/16まで

 



◆◇◆記事を読んだご感想をお聞かせください◆◇◆
  • 素晴らしい (1)
  • 役に立った (0)
  • いいね (3)
  • マダム好き (2)
  • つまんない (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です