昨日に引き続き 日比谷図書文化館 日比谷カレッジへ  「太田道灌と江戸」の講座

 

国立公文書館の企画展と連動した講座でした。

徳川家康が江戸に入る前の太田道灌の時代の話

少し江戸を遡ると チンプンカンプン・・・

わかったのは 国立公文書館の全身が紅葉山文庫だってこと

江戸のことなら、聞いたことあったり 調べる気にもなるのだけれど・・・

ご一緒した 江戸女子は復習と調べていらっしゃいまする

あ”ーーーーー

わかんないーーーーー

急に脳が拒否反応をおこしますwww

 

 

せっかくお江戸に行くので、日比谷に行く前に、浅草神社で 巫水引守をゲット(悪代官情報なり)

  

毎月 浅草神社で100個限定だそうです。

人と人 心と心を繋ぐお守り ブレスレットなのでいつも身につけていられるっていいです。

2月はこれで乗り切りまする。



◆◇◆記事を読んだご感想をお聞かせください◆◇◆
  • 素晴らしい (1)
  • 役に立った (2)
  • いいね (3)
  • マダム好き (2)
  • つまんない (0)

4 thoughts on “「太田道灌と江戸」

  1. マダムさま
    あー!
    巫水引守羨ましい!!
    源空寺も行きたいが浅草神社もまたいかないと!
    ひと月に100個限定ということは、月の初めが狙い目ですか?

    • 源空寺 にお参りに行かなければと思いまだ行ってませぬ。なにやら、絵空(木下先生)に似ている…
      2月お誕生月なんで、2/1に巫水引お守り求めました。月初めに行けば大丈夫デス。あまりメジャーではなさそうです。

  2. マダム
    かわいいブレスレット?お守り?つけてらっしゃるなあ、と思ってました。どこの?ってお訊きしようと思ってたのに、講座のチンプンカンプンで忘れてしまいました(笑)
    とてもお似合いです。

    • キネマっ子様〜
      この講座のあとも、復讐なされていたご様子、偉いです。
      ブレスレッドお気づきだったんですねwww
      ちゃっちいですが、お守りなので今月は頼るつもり。人と人をつなぐらしい・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website