お題『天下大変』雑記

*その1

富士山噴火と浅間山噴火 宝暦治水の お金について

 

富士山噴火 宝永4(1707) 諸国高役金 48万8800両集め6万両復興に使われる。
(荻原重秀)
宝暦治水 宝暦3(1753) 薩摩藩 40万両 うち22万両大阪商人借入
(平田靱負)
浅間山噴火 天明3(1783) 熊本藩 御手伝普請 22万両
(負担は領内緒人百姓 身分制度変革)

こう見ると どんなに 薩摩藩の負担が大きかったかが分かる。

諸国高役金 石高100石につき2両を全国の国々から集めた額 48万両

薩摩藩 1藩で40万両出資 平田靱負殿のお気持ちを察しまする。

幕府が全国から集めた額と同じくらいの額を1つの藩で出資

大阪商人に借金をつくり 大変な思いをして大名手伝普請

実に理不尽な将軍の命令であった 辛いよね~

 

*その2

疫病のところで ジェンナーの牛痘接種についてじゃなくて

筑前国秋月藩の藩医・緒方春朔によって広められた人痘接種 について

以前に読んだ『秋月記』葉室麟(著) に出てきた~~~とほくそ笑んでおりました。

 

 

宝暦治水のお話『孤愁の岸』(講談社文庫) 杉本 苑子 (著) リンクしておきます。

  



◆◇◆記事を読んだご感想をお聞かせください◆◇◆
  • 素晴らしい (0)
  • 役に立った (0)
  • いいね (0)
  • マダム好き (0)
  • つまんない (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です