鶴ヶ島の小人さんのコメント
びじゅテューン 【風神雷神図屏風デート】です

びじゅチューンとは(wikipediaより)

世界の「びじゅつ」をユニークな歌とアニメーションで紹介する番組。毎回5分間の番組の中で、著名な美術作品をテーマにした1分半前後のオリジナルソングを放映している。このオリジナルソングは、作詞・作曲・アニメ・歌のすべてを映像作家の井上涼が制作している。

たらしこみ技法なんかも、シレっと入ってて面白いです

鶴ヶ島の小人様 教えて頂き多謝<m(__)m>

 

さて 風塵雷神図の目線についてですが、

風塵雷神図 有名どころは2つあります。

①俵屋宗達が描いたものと ②それを尾形光琳が模写したもの

wikipediaによると、2の風塵雷神図の違いは

光琳は、体躯や衣文線などの輪郭線を驚くべき忠実さでトレースしており、単に屏風を瞥見した程度ではなく、時間と手間を惜しまず正確に写し取った事が伺える。その反面、光琳はいくつかの改変を加えている。

  • 風神・雷神の姿が画面ギリギリではなく、全体像が画面に入るように配置されている。宗達が屏風の外に広がる空間を意識したのに対し、光琳は枠を意識しそこに綺麗に収まるよう計算しており、片隻だけ見ると光琳の方が構図がまとまっている。
  • 宗達の画では、両神の視線が下界に向けられているのに対し、光琳の画では両神がお互いを見るように視線が交差している
  • 両神の顔が、やや柔和な印象を受け、卑俗な擬人化がより進んでいる。
  • 屏風全体の寸法が若干大きい(宗達画は各154.5×169.8cm、光琳画は各166.0×183.0cm)。二神の大きさは変わらないため、絵の中では光琳の風神雷神の方が相対的に小さく見える。
  • 細部の描写や彩色を変更、特に輪郭線や雲の墨が濃くなり、二神の動きを抑える働きをしている。

だそうです
800px-Fujinraijin-tawaraya
俵屋宗達

800px-Korin_Fujin_Raijin
尾形光琳



◆◇◆記事を読んだご感想をお聞かせください◆◇◆
  • 素晴らしい (0)
  • 役に立った (0)
  • いいね (0)
  • マダム好き (0)
  • つまんない (0)

2件のコメント

  1. マダムさま
    取り上げていただいてありがとうございます。
    反応が遅くってすみません。「びじゅちゅーん」は大好きで(つまんないのもあるのですが)この「風神雷神図屏風デート」の他、「鳥獣戯画ジム」「樹下鳥獣図屏風事件」「アイネクライネ唐獅子ムジーク」などがヒイキです。

    1. 鶴ヶ島の小人様
      びじゅチューン初めて知りました。この種の映像作家が仕事になることに関心してます。世の中なんでもありなんだなぁ〜と、思います。

      マダム

コメントを残す