今回貴重な資料提供するのに、ダダ漏れ情報としては、もったいないのでpass付きにした。

ネットの仕組みを良くご存知ない世代にとっては、passと聞くと尻込みする。
それだけで、DL数は激減する。

pass設定には、wp プラグイン 「Contact Form 7」を使用。
お問い合わせフォームで利用することの多いプラグインだが、メール送信者に対して自動送信メールを送る。
これを利用してパスを配信することにしました。
自分が見ることのできるメールアドレスを入れないとpassをうけとれませぬ

当然 メールアドレスが集まるわけですが、メルマガを配信しているわけでも商品販売をしているわけでもないので、
メール情報は悪用しませんので、ご安心下さい。

 

Contact Form 7 (DL 使い方はここから)

contact7新規追加フォームをつくり
メール(2)を使うにチェック。

とりあえず 試しに始動してみます。

不具合等ありましたら またココに記録しますぅ

 



◆◇◆記事を読んだご感想をお聞かせください◆◇◆
  • 素晴らしい (0)
  • 役に立った (0)
  • いいね (0)
  • マダム好き (0)
  • つまんない (0)

コメントを残す